20歳と半年で、天使になりました


by shiro0019
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

シロの思い出パート2

a0081346_1672595.jpg

若いころシロは、よく獣医さんのお世話になりました。
「サカリ」の手術を受けてから、1歳過ぎてからだったと思います。
「おしっこ」が出なくなる。♂は○○の穴がすごい小さいだって、だから、”カリカリご飯”は、よくないって言われました。保険きかないから、いくらだったか忘れたけど、高い!
おしりの○○の隣の”毛”が抜けて、あーっと言う間に膿んでくる。何度もありました。やっぱり保険きかないから高い!
ノミにやられて、”毛”が抜けて”はげ”状態になりました。それからは、夏頃には、いつも”ノミ”の薬買いました。これもやっぱり高い!
これは、年取って、ここ数年だったと思います。爪が深爪っていうのかしら、肌の方にくいこんでくる。これは、そんなに高くなかった。
主人曰く”血統書つきの猫みたいだ”って。でも、帰宅すると、一番に「シロ」って抱くのが常でした(*^。^*) やっぱりお金じゃないのでした。

また、獣医さんに連れて行くのが大変。すごい怖がりで、猫用の籠を出すと、押入れとか、どっか狭いとこに逃げる。二人、三人がかりで、籠に入れました。入れられたと思ったら”大きな声でなく”通る人皆、”振り向く” なくっていうか、吠えるみたいなんです、「猫」だってわからない(*^。^*)
最近(ここ5年ぐらい前)近くに出来た獣医の先生が、教えてくれました。”洗濯する時のネットに入れるとおとなしくなりますよ”って。ホントおとなしくなり、「籠」には入れられました。でも大きな声でなくのは(吠える)変わりませんでした。また、書きます。
よろしかったらクリックお願いします
   ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
[PR]
by shiro0019 | 2007-04-06 16:07